信頼のつながる無線LAN (WiFi) を低コストにて実現 (株)フコク

802.11n (2.4GHz, 5.0GHz)

802.11n の通信速度の改良

802.11n は複数の技術により通信速度を向上させています。理論上の最大速度は600Mbpsです。

  • 1. 20MHz チャネルを束ね 40MHz で使用する「チャネルボンディング」(下記を参照)。
  • 2.「MIMO(Multi Input Multi Output)」複数のアンテナを使用。
  • 3. MIMO を使用し複数パスで送受信を行う「空間ストリーム」。

  • 4.「GI (ガード インターバル)」ビット転送時の干渉を避けるために使用される、転送時間間隔を表します。GIを短くすると、短い間隔で送信され、スループットが向上します。
  • 5. 20MHz の中で使用するサブキャリアの増加

  • 802.11n のデータレートで動作させるためには OPEN / WPA2 AES を使用する必要があります。

 

802.11n のチャネル

802.11n は 2.4GHz, 5.0GHz で使用でき、使用するチャネルは、802.11g, 802.11a と同じですが、2つのチャネルをまとめて使うチャネルボンディングを使用できます。

通信規格 使用可能CH チャネル幅
802.11n (2.4GHz) 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13 20(40)MHz
802.11n (5GHz) 36, 40, 44, 48, 52, 56, 60, 64, 100, 104, 108, 112, 116, 120, 124, 128, 132, 136, 140 20, 40 MHz
  • チャネル幅 40MHz はチャネルボンディングと呼ばれます。2.4GHz でのチャネルボンディングはメーカーによってはサポートしていません。

チャネルボンディング

チャネルボンディングは2つのチャネルを使用することで、データレートを向上させます。

スクリーンショット 2016-01-13 13.49.31

スクリーンショット 2016-01-13 13.52.23

  • ボンディングされているチャネルの一つがコントロールチャネルと呼ばれボンディングをサポートしていないクライアントの接続に使用されます。

802.11n の通信速度(データレート)

  • 例えば、20MHz 3×3(3空間ストリーム) のAPでの、最高’MCS’は’23’ データレートは 216.7Mbps になります。
PAGETOP
Copyright © つながるWiFi All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.